塾生の声

トップページ塾生の声「経営の原理原則を学べる場」

「経営の原理原則を学べる場」

四国機器株式会社 常務取締役 木村公信

私は平成24年、帰高と同時に盛和塾へ入塾しました。以前はサラリーマンをしており、関係会社管理、経営目線で子会社を運営するという仕事を手伝っておりました。現在の会社に入社後は、早々に取締役就任と重責を頂戴しましたが、当時は焦りと経験のなさ、そして『経営を知ったつもり』という傲慢な心があり、全くうまくいきませんでした。経営の原理原則を全く分かっておりませんから当然のことです。かじった程度の知識・テクニックで太刀打ちできる程、経営は簡単なものではありません。
『企業』という観点に限定した場合、大変残念ながら結果が全てです。損益計算書、貸借対照表、キャッシュフローが完璧でなければなりません。これは万国共通、資本主義経済を作り上げた我々の先祖が決めた『人間のためのルール』です。
盛和塾から学んだことは、目先のことよりもまず原点に立ち返り、全てにおいて根底から理解しなければならないということ。「会社は何から成り立っているのか、なぜ存在するのか」、突き詰めると「人間とはなにか」、更には『そもそも我々がいる世の根源はなにか』まで掘り下げねばなりません。そしてその原理原則から辿りついたアメーバ経営は確かに理に適っている、だからこそ自然に結果がついてくるのだと思います。
業績も大事ですが、如其れよりも大事なエッセンスが沢山ある。そして経営者の存在とはなにか、なにをすべきなのか、そのことを稲盛和夫氏は教えて下さいます。
また盛和塾香川には真剣に経営に向き合っている諸先輩方、同世代、後輩が数多くいらっしゃいます。いつも皆さんに教えてもらうことばかり。感謝、感謝です。
もし経営に困っている方がおいででしたら一度覗いてみては如何でしょうか。価値観は人夫々ですが、きっと何かを掴む良いきっかけになると思います。

四国機器株式会社 常務取締役 木村公信