塾生の声

トップページ塾生の声盛和塾に出会えなければ会社は無かった

盛和塾に出会えなければ会社は無かった

株式会社高松ホットスタンプ 代表取締役 杉山国人

私は平成16年に同級生である塾生に誘われて、稲盛塾長の市民フォーラムに出かけました。その時に、塾長が話された『陰騭録』(いんしつろく)に興味を覚えました。良きことを思えば運命は変わる。その頃は、境遇に愚痴と不満ばかりで、そんなことで変わるのかと不思議な思いでいっぱいになりながらも、入塾させていただきました。

それから塾長の講和CDを全て購入し何回も聞きました。勉強の苦手な私が会報と著書も買い求め読み始めました。会報には私の想像を絶する体験をされた塾生の話ばかりで自分の弱さを感じずにはいられませんでした。そして、宿泊例会で親しくなった塾生と、会社の基幹となる経営理念など語り合い、今まで会社に明文化されていなかったことが形として顕れて来ました。このことも盛和塾に入塾させていただいた結果だと思います。

私は、平成19年に経営を任されることになりました。その時の会社は、誰にも助けてもらえない瀕死の状態でした。しかし、塾長の話された教えを判断基準に会社の経営の舵取りを行いました。すると『陰騭録』や「心を高める・経営を伸ばす」の言葉通り、会社の状況が見違えるほど好転しました。

これからも、まだまだ勉強が足りませんが、この盛和塾で学び、心を高め、今以上に社員を幸せにできるよう経営を高めて行きます。

株式会社高松ホットスタンプ 代表取締役 杉山国人