塾生の声

トップページ塾生の声入塾のきっかけ

入塾のきっかけ

㈱日協堂医療器 代表取締役 喜井規光(社会福祉法人 光志福祉会 理事長)

3代目として30歳の時に社長に就任してから、がむしゃらに自社の課題に取り組んできました。課題が解決してくると周りの景色が見えるようになり、選択できる幅が増えてきました。すると、なんでもできるはずが、何にも決め手のないまま流れの中で進んでいました。もやもやとしている気持の中、盛和塾生の話を聞く機会がありました。その時に話されたのが経営の12か条についてでした。時間の関係で1~3条程度の話でしたが、1か条の事業目的・意義を明確にするについて聞かれた時、こたえることのできない自分がいました。存在意義を明確に持ちたいと強く思い入塾を決意しました。
まだまだ勉強不足で明文化はできていませんが、先輩塾生に相談すると悩み続けて自分で見つけることとアドバイスを頂き、常に考え続けています。少しでも早く経営の12か条を実践できるように誰にも負けない努力を続けたく思っています。まずは自分に負けないように1歩1歩、積み上げていきたく思っています。今後ともご指導よろしくお願いします。

㈱日協堂医療器 代表取締役 喜井規光(社会福祉法人 光志福祉会 理事長)