塾生の声

トップページ塾生の声「会社は社長の心の投影である。」

「会社は社長の心の投影である。」

城北建設株式会社 代表取締役社長 細谷芳久

平成4年に勤めていた会社を退職して、地元に戻り今の建設会社の経営を引き受けました。その動機はとても「善」とは言い難く、自分の為の仕事・時間・金・やりがい等々であり、そのような動機で経営を始めた私にとって、債務超過の自社と比べ、周りの会社の人材・技術・営業力・財務内容すべてが羨ましく思えました。毎日現場を廻りながら仕事を行っていましたが、とても危険な工事現場、資金繰りに悪戦苦闘が続き、「自分は工事現場で死亡事故が起こったときに、加害者の責任者としてしっかりと償いができるだろうか。」「資金繰りのために土下座して支払いを猶予してもらえるだろうか。」「逃げ出してしまわないだろうか。」と自問自答するようになり、経営者として逃れられない事に気付き、自己の欲から、大変な事を引き受けてしまったと思いました。丁度その頃、盛和塾へ入会させていただき、藁をもすがる思いで塾長講話のテープを毎日聞き、車中で聞いていて赤信号で交差点に進入した事もありました。その中で、「誠実な社長の会社は誠実な会社、横着な社長の会社は横着な会社」「社長の心の投影が会社である。」「社長の器以上に企業は大きくならない。」と教えられ、自分の会社の不甲斐なさの原因が自分自身であると気付き、それから周りの会社が羨ましくなくなり、腰を据えて自社を見つめ社員と仕事をするようになりました。
塾長の教えに出会わなければ、我社はとっくに無くなっていたかもしれません。盛和塾と塾長にいくら感謝しても足りません。

城北建設株式会社 代表取締役社長 細谷芳久