稲盛塾長について

トップページ › 稲盛塾長について

塾長紹介

盛和学長 稲盛和夫

1932年、鹿児島市に生まれる。
1955年鹿児島大学工学部を卒業後、京都の硝子メーカーである松風工業に就職。
1959年4月、知人より出資を得て、資本金300万円で京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立し、社長、会長を経て、1997年から名誉会長を務める。

また1984年、電気通信事業の自由化に即応し、第二電電企画株式会社を設立し会長に就任。2000年10月DDI(第二電電)、KDDI、IDOの合併によりKDDI株式会社を設立し、名誉会長に就任。2001年6月より最高顧問となる。2010年2月より、日本航空会長、内閣特別顧問に就任。

一方、1984年には私財を投じ稲盛財団を設立し、理事長に就任。同時に国際賞「京都賞」を創設し、毎年11月に人類社会の進歩発展に功績のあった方々を顕彰している。

公職としては京都商工会議所名誉会頭、スウェーデン王立科学技術アカデミー海外特別会員、ワシントン・カーネギ―協会名誉理事、全米工学アカデミー海外会員等を務める。
また、1997年には臨済宗妙心寺派円福寺にて得度を受けた。