過去の活動詳細

トップページ盛和塾香川の活動 › 過去の活動詳細

過去の活動のご紹介

年譜(2016年~2015年)

2016年 在籍人数(1月末現在) 119名
年間自主例会回数 11回
自主講座 8回
木曜会 20回
代表世話人 乾 篤之
十河孝男
米田守宏
例会4回、自主勉強会2回、中四国塾長例会(山陰)1回、四国合同宿泊例会1回(徳島)、中四国ブロック選考会(愛媛)1回、会計基礎講座2回、アメーバ経営講座5回、、DVDを見る会20回、世界大会1回を行ないました。中四国ブロック選考会に「三宅社長」が発表し、おしくも選考されませんでしたが香川の発表としてふさわしものでした。
2016年度の新しい試みは、アメーバ経営講座の開講です。第1回~3回は、KCCSから講師をお迎えし、塾生及び幹部社員を含め120名前後の受講にて開催し、3回目修了時に全員でのコンパを実施しました。残り2回は導入済みまたは導入中の4社に発表していただき、塾生及び幹部社員を含め65名前後が受講をしました。アメーバ経営の神髄の受講と、導入状況を知ることができ非常に有効であった。
2015年 在籍人数(1月末現在) 123名
年間自主例会回数 11回
自主講座 8回
木曜会 20回
代表世話人 乾 篤之
十河孝男
米田守宏
例会6回、中四国塾長例会(香川)、四国合同宿泊例会1回(香川)、中四国ブロック選考会1回、フィロソフィー・アメーバ勉強会2回、会計基礎・京セラ会計学講座4回、実践アメーバ経営講座4回、木曜会20回行ないました。中四国ブロック選考会に「杉山社長」が発表し、おしくも選考されませんでしたが香川の発表としてふさわしものでした。
2015年度の香川塾生の最大の学びは、塾長例会が香川で開催されたことで、この準備に1月から半年間、盛和塾香川合唱団を結成し、植田夫妻の指導のもと練習しました。本番では、50名の合唱団によるコーラスを披露することができ稲盛塾長から合掌していただき喜んでいただいたことは、このうえもなく感謝感激でした。この塾長例会を通じて、塾生全員が汗を流す中で一体感が高まり、目標を達成する体験を得ることができたことが最大の収穫です。そして、全国からの塾生との交流し、また合唱をお聞かせできたことは大きな財産となりました。
また、四国4塾が参加する四国合同宿泊例会の第5回を香川主催で開催されました。
第23回世界大会では、「三宅務社長」が稲盛経営者賞を受賞されました。

年譜(2013年~2010年)

2014年 在籍人数(1月末現在) 106名
年間自主例会回数 11回
自主講座 8回
木曜会 20回
代表世話人 山地真人
乾 篤之
十河孝男
例会6回、四国合同宿泊例会1回、中四国ブロック選考会1回、フィロソフィー・アメーバ勉強会2回会計基礎・京セラ会計学講座4回、実践アメーバ経営講座4回、京都宿泊研修1回、木曜会20回行ないました。京都宿泊研修では、新稲盛ライブラリーを見学し、塾長の足跡、フィロソフィーの誕生から現在までの歴史を学び、KCMCからお話をいただき、アメーバ経営の神髄に触れることができました。第22回世界大会では、わが香川塾生「奥田社長」が発表し敢闘賞をいただきました。また、「高畑洋輔社長」が稲盛経営者賞を受賞しました。
2013年 在籍人数(11月末現在) 107名
年間自主例会回数 15回
代表世話人 山地真人
乾 篤之
十河孝男
例会6回、四国合同宿泊例会1回、中四国ブロック選考会1回、経営の原点12ヶ条合宿勉強会2回、会計基礎講座4回、実践アメーバ経営講座4回、木曜会18回行いました。原点に還り、経営の原点12ヶ条を徹底的に学び合う「合宿での勉強会」を2回開催しました。グループ形式で12ヶ条に対する自社の現状と課題を発表し、改めて12ヶ条をいかに実践するか、いかに会社を良くするかについてコンパや合宿部屋での語らいも含めて熱く議論する場になりました。
第21回世界大会では、わが香川塾生「井上社長」が発表し栄えある最優秀賞をいただききました。最優秀者賞は快挙であり、香川塾生の誇りです。それも大西大介元塾生に続く2回目です。また、目標とする塾生数100名を突破しました。これは、今後の塾の活性化につながるものと確信しております。
2012年 在籍人数(12月末現在) 98名
年間自主例会回数 15回
代表世話人 平田喜一郎
山地真人
乾 篤之
十河孝男
例会6回、四国合同宿泊例会1回、中四国ブロック選考会1回、フィロソフィー勉強会2回会計基礎講座4回、実践アメーバ経営講座4回、宿泊研修1回、木曜会18回行いました。
2012年度は、第1回の経営発表中四国ブロック選考会を香川主催で行われました。開催決定から開催日まであまり日がなかったにもかかわらず、塾生一丸となって準備ができ、内容の濃いものになりました。第20回世界大会では、わが香川より「十河孝男塾生」が発表し優秀賞をいただきました。また、20周年記念事業として京セラ経営研究所へ研修旅行を稲盛ライブラリーの見学とともにKCMCの川崎様の講演を頂きました。
2011年 在籍人数(12月末現在) 93名
年間自主例会回数 15回
木曜会 17回
代表世話人 平田喜一郎
山地真人
乾 篤之
十河孝男
例会6回、四国合同宿泊例会1回、「外部講師講演」2回「経営問答」2回「アメーバ経営ゼミ」3回研修1回おこない、木曜会を自由参加にて17回行いました。年初「有言実行発表会」年末「有言実行発表会」をしましたが、これは次年度から実施しません。
2011年度の大きな成果として四国4塾が参加する四国宿泊例会の第1回を香川主催でできたことです。今後も継続して開催し、次回は愛媛です。
わが香川より第19回盛和塾世界大会にて、稲盛経営者賞に、「奥田拓己塾生」が受賞しました。
2010年 在籍人数(12月末現在) 87名
年間自主例会回数 15回
木曜会 19回
代表世話人 平田喜一郎
山地真人
乾 篤之
例会6回中四国塾長例会(香川)1回、「外部講師講演」3回「経営問答」3回「アメーバ経営ゼミ」2回おこない、「DVDを見る会;木曜会」を自由参加にて19回行いました。年初「有言実行発表会」年末「有言実行報告会」をしました。
2010年度の香川塾生の最大の学びは、塾長例会が香川で開催されたことで、この準備に塾生の殆どが汗を流す中で一体感が高まり、休眠会員も目覚めて参加し、例会ではほぼ全員が塾長の講話を聴くことができたことです。塾長の生の声、全国からの塾生との交流は大きな財産になりました。本年より開始した「木曜会」は、塾長講話を視聴し参加者による感想・ディスカッションを計19回実施し、特に入塾3年以下の塾生、入塾直前の者に対しては稲盛哲学を更に理解してもらうのにたいへん有効な会になっています。

年譜(2009年~2005年)

2009年 在籍人数(12月末現在) 76名
年間自主例会回数 15回
代表世話人 平田喜一郎
山地真人
乾 篤之
例会6回香川・徳島合同宿泊例会1回、「外部講師講演」3回「経営問答」3回「アメーバ経営ゼミ」2回おこないました。年初「有言実行発表会」年末「有言実行報告会」をしました。徳島との合同宿泊例会をおこないました。「本部」福井顧問(経営の原点12ケ条)、「神戸」高橋社長、「熊本」桑原社長をお迎えして、昨年同様に徳島、愛媛、高知へお声をかけて、講演頂いた。「アメーバ経営ゼミ」では、KCCSから川村氏に来ていただいてアメーバ経営を聞き、2回目では米田世話人により具体的数字に踏み込んだ勉強をおこなった。
9月第17回盛和塾全国大会にて、体験発表にわが香川より「乾篤之塾生」が発表し、敢闘賞をいただきました。
2008年 在籍人数(12月末現在) 74名
年間自主例会回数 15回
代表世話人 平田喜一郎
山地真人
乾 篤之
2月に稲盛塾長をお迎えし塾長例会を開催することができ、「香川」十河孝男塾生、「名古屋」 明塚塾生の発表をいただいての問答により、香川塾生に大きな示唆を頂いた。
例会6回香川・徳島合同宿泊例会1回、「外部講師講演」5回「相談役、代表世話人よる経営問答」3回おこないました。年初「有言実行発表会」年末「有言実行報告会」。徳島との合同宿泊例会。はじめて「名古屋」狭間塾生、「本部」福井顧問(京セラフィロソフィ紐解く)、八起会野口氏、「鹿児島」濱田塾生、「福岡」京谷塾生に講演いただき深く感銘を受けました。
7月第16回盛和塾全国大会にて、稲盛経営者賞に、「乾篤之塾生」が受賞しました。
2007年 在籍人数(12月末現在) 66名
年間自主例会回数 15回
代表世話人 平田喜一郎
山地真人
乾 篤之
 例会5回香川・徳島合同宿泊例会1回、稲盛ホールでの「稲盛哲学実践発表会」4回、「フィロソフィ勉強会」5回行ないました。年初「有言実行発表会」年末「有言実行報告会」をしました。はじめて徳島と合宿例会を行い、双方から「わが経営を語る」を塾生が行い、「代表世話人による経営問答」を行なって、参加者全員が活発な意見交換によりコンパを含めて交流を深めることができた。
2006年 在籍人数(12月末現在) 67名
年間自主例会回数 16回
代表世話人 平田喜一郎
吉岡哲朗
三矢昌洋
山地真人
例会5回合宿例会1回、稲盛ホールでの「稲盛哲学実践発表会」4回「京セラフィロソフィー勉強会」6回おこないました。年初めの例会で「有言実行発表会」ということで、今年の目標を全員発表してもらい、年末の例会にて「有言実行報告会」にて結果・反省をおこないました。合宿例会では「代表世話人による経営問答」ということで、塾生が日頃の悩み・問題を質問してもらいそれに答えてゆくことをおこないました。
2005年 在籍人数(12月末現在) 65名
年間自主例会回数 10回
代表世話人 平田喜一郎
吉岡哲朗
三矢昌洋
山地真人
11月に稲盛塾長をお迎えし塾長例会を開催することができ、香川塾生に経営問答での機会を頂き、大きな示唆を頂いた。
従来からの「我が経営を語る」形式の例会に加えて、稲盛ホールで「経営の原点12ヶ条実践発表会」「京セラフィロソフィ自主勉強会」を各2回実施した。世話人が中心となり数値、実践事例の発表や、塾長DVDをもとに参加者全員が活発な意見交換することにより、それぞれの経営に役立てることができた。盛和塾徳島とはじめて合同例会を開催した。

年譜(2004年~2000年)

2004年 在籍人数(12月末現在) 61名
年間自主例会回数 8回
代表世話人 平田喜一郎
吉岡哲朗
三矢昌洋
山地真人
4月に香川県民ホールにて、稲盛塾長よる盛和塾香川「公開フォーラム」を開催した。
「人は何のために生きるのか」をテーマに、香川県民にお話され感銘をお届けできた。稲盛塾長をお迎えして、「稲盛ホール」をヒューテック研究所内に開設しました。塾長DVD、CD、書籍を収蔵した稲盛ライブラリをつくり、視聴しながら勉強会ができるようになりました。
従来の例会6回に加えて、「京セラフィロソフィーの勉強会」2回を稲盛ホールを使ってお こないました。
9月第12回盛和塾全国大会にて、稲盛経営者賞に、「増田眞一塾生」が受賞しました。
2003年 在籍人数(12月末現在) 51名
年間自主例会回数 7回
代表世話人 平田喜一郎
吉岡哲朗
三矢昌洋
山地真人
鹿児島にて、全国合同自主例会への参加をしました。京セラ国分工場を見学させていただき全国の塾生と意見交換ができ、すばらし感銘を受けることができました。
例会5回、宿泊例会1回を行い「わが経営を語る」を発表し、経営問答を行なっています。
8月第11回盛和塾全国大会にて、稲盛経営者賞に、「平田喜一郎塾生」が受賞しました。
2002年 在籍人数(12月末現在) 53名
年間自主例会回数 6回
木曜会 17回
代表世話人 中野吉貫
三矢昌洋
吉岡哲朗
例会5回、宿泊例会1回を行い「わが経営を語る」を発表し、経営問答を行なっています。
2001年 在籍人数(12月末現在) 53名
年間自主例会回数 6回
代表世話人 中野吉貫
三矢昌洋
吉岡哲朗
11月に盛和塾香川10周年事業として京セラ本社を訪問しました。京セラ本社へ訪問し、京セラアメーバ経営について説明を受け、京セラ社員との「京セラフィロソフィの実践」について質疑応答ができ、理念、考え方、伝票や経理にいたるまで具体的方法まで見ることでき、塾長の言葉の実践に深く感銘しました。
例会4回、宿泊例会1回を行い「わが経営を語る」を発表し、経営問答を行なっています。はじめてて宿泊例会を行い、コンパをして心ゆくまで経営問答ができました。
9月第9回盛和塾全国大会にて、つづいて体験発表にわが香川より「森田紘一塾生」が発表し、敢闘賞をいただきました。
2000年 在籍人数(12月末現在) 57名
年間自主例会回数 7回
代表世話人 森田紘一
中野吉貫
西尾泉
「塾長ビデオ」を見てという新コーナーを例会前に設けました。少しでも塾長の言葉に接することにより、稲盛哲学の一層の理解に役立てるようにしました。
例会5回を行い「わが経営を語る」を発表し、経営問答を行なっています。四国塾長例会高知、全国大会は、例会としての参加としています。
8月第8回盛和塾全国大会にて、つづいて体験発表にわが香川より「中野吉貫塾生」が発表し、敢闘賞をいただきました。稲盛経営者賞に、「森田紘一塾生」が受賞しました。