盛和塾について

トップページ盛和塾について › 世界

概要

2012.7.18-19 世界大会

盛和塾は、もともと京都の若手経営者が京セラ(株)の稲盛名誉会長から人としての生き方[人生哲学]、経営者としての考え方[経営哲学]を学ぼうと1983年に集まった自主勉強会に端を発しています。真剣に学ぼうとする塾生とそれに答えようとする稲盛塾長が互いに魂の火花を散らす人生道場となっています。また塾生同士の切磋琢磨の場として、世界及び全国各地の盛和塾に多くの若手経営者の皆さんが熱心に集まっておられます。稲盛塾長は心ある企業経営者こそが明日の日本を支えるとの信念に基づき、ボランティア活動としての盛和塾に熱心に取り組んでおります。

活動内容

2011.9.24-27 広州ツアー

  • 各地域(たとえば東北地区・中部地区)では、
    稲盛塾長を迎えて例会(勉強会)を開催します。
    例会では、塾長の実体験に基づく講話とコンパスタイルでの懇親会が行われます。塾生は、全国すべての塾長例会に出席いただけます。
  • 年に一度、世界の塾生が集い、学び、交流し、親交を深め合う世界大会が1泊2日程度で開かれます(例年7~9月頃に実施)。
  • 機関誌「盛和塾」、塾長講話録テープ・ビデオが発行されています。
  • 会員数 70塾、8,055名(2013年4月現在)